アニメ

【Fate】止まらない勢いでシリーズが出てくるFate作品の人気の秘訣

どうもgenki(@genki6639)です。

「fate stay night heaven’s feel」は見ましたか?Fate作品もどんどん進出して、人気になって行く最中ですよね。アニメ界のスーパースターと言ってもいいほどの勢いですからね。知っている人もどんどん増えていくといいですね。

そんなFateですが、どういった事が人気になっていたのかを個人的に話していこうと思います。

 

Fateとは

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。
引用Wikipedia

Fate stay night は3部作の「Fate(セイバールート)」「Unlimited Blade Works(遠坂凛ルート)」「Heaven’s Feel(間桐桜ルート)」の3人が構成されているストーリーをやれば大体分かります。

これらはルート構成がされていてマルチエンディングという当時ではあまり流行的ではなかったスタイルでゲームは始まっていく。

エンディングも40種類以上あり、数多くのルートが楽しめられるのも醍醐味ですね。

三部作はゲームでやるほうが分かりやすい部分があるのですが、アニメや映画でやってたりするので、ゲームが苦手な人はそちらで視聴しながら理解するがいいでしょう。

 

魅力的なキャラクター達

Fate作品には数多くのキャラクター達が勢ぞろいで、神話や歴史上の人物がモチーフになっていたりなどがいます。

一番有名なのはセイバーと言われるアルトリア・ペンドラゴンというキャラクターでしょう。ほとんどの作品に出てくるキャラなので結構見かけます。

他にも、「クーフーリン」や「ゴルゴーン姉妹」など神話でも有名なキャラもいたりします。

日本の有名な人物もいて、織田信長や茶々などもいたり、女体化して出てきたりするので、面白いですね。

個人的には、やはりFGOで出ている「土方歳三」が好きですね。あれ4回ぐらい出てきて、宝具レベル4になったのでお気に入りです。

 

数々のストーリー

Fate作品は数多くの派生ストーリーがあって、見所満載の内容が盛りだくさんです。さらに、アニメだけでなくゲームや小説・漫画などの幅広い層にも向けて作っているので、楽しむことができます。

今回映画になった「fate stay night heaven’s feel」は奈須きのこ監修のストーリーなので、きのこさん独特の内容に引き込まれることは間違いないです。それほど、面白い構成でついつい見てしまうほどいいです!

基本的には、「Fate stay night Zero」からがベストですね。そこから見ると分かりやすいですかね。

FGOはオリジナルストーリーなのでFate作品が知らない人にも分かりやすい内容になってるので安心です。

 

 引き込まれる世界観

僕も様々なアニメ・ゲームをやったり見てきたりしましたが、Fateにでしか表現できない世界観があってそれに引き込まれてしまうといった凄さがあります。

聖杯戦争をコンセプトに入れて繰り広げられる戦いの数々、サーヴァントという霊体を戦わせていくのですが、サーヴァント自身も色んな苦悩があって、そういった目線から見ても面白い形になっています。

個人的には、「エミヤ」というサーヴァントがいるのですが、色んな苦悩を抱えていて、その人生観がグッと心に残るような話で良かったですね。

他にも、歴史に触れるサーヴァントがいるので、それを見たり聞いたりするのも面白さが広がります。

まとめ

ぜひ、これをきっかけにプレイor視聴してもらえると嬉しいです。

この作品に出会ってからは凄いアニメ・ゲームもあるんだなと実感するようになって、自分の考え方が変わり始めましたね。

本当にクオリティーがやばすぎですよ!。

ではっ。

↓こちらも合わせて読みたい