雑談

事故や事件の周りにいる野次馬がうざすぎ!その心理や理由考えてみた

野次馬

どうもgenki(@genki6639)です。

ニュースの事件や事故にいる人達を見て、疑問に思ってしまう部分はないでしょうか?普通事件の内容だけを放送していれば、分からないのですが、映像を出すとあることに気が付きます。

そう…野次馬多くね!!

ついつい事件や事故を見てしまう心理は良く分かるのですが、チラッと見るぐらいが普通なのではと感じてしまいますね。

なぜ見てしまうのでしょうかね…。

そんな訳で、自分はチラッとしか見ないけど、見続ける野次馬の人達の気持ちになって考えてみました!

あわせて読みたい
人間関係
人間関係なんて意識しなくても生きていけるどうもgenki(@genki6639)です。 ここ最近は、雨が頻繁に多いような気がして少しばかり怖いですね。 いざ、地震と...

なぜ野次馬が来るのか

野次馬

事故や事件には付きものである「野次馬」

大体は気になっているから、見に行きたいという「好奇心」の上で見ている人が多いのではないでしょうか。

そのため立ち止まって見ている人が多く、僕が見ている限りでは子持ちのお子さん年配者の方が見ている雰囲気があるような気がします(あくまで一例)

20代の人もいますけど、傾向的にそんな感じなのかな…?よくわからんけど、

好奇心で行っているもしくは見続けているのであれば、なぜ見続ける理由があるのだろうか…。

なんとなく気になるから

「なんとなく」で事故や事件現場に押し寄せている人が大多数なのではないだろうか。こちら側としては、見てないで助けたり手伝ったりなどしてもらってもいいのではと感じてしまいますよね。

彼らは本当に「なんとなく」で動いている部分が多く、感情に作用されてコントロールできない人に多いかと感じます。

例えば相手の気持ちも考えないで「ばーか!」「死ね」とかを冗談やノリではなく、本気っぽく言っている人に該当するのではないでしょうか。

そう!彼らはなにも考えていないのです!(てかそう思いたい)

他に理由がないから、こういった持論になってしまったが、これでも僕は「なんとなく」で行く気持ちがよくわからん…。

僕だったらなんとなくでは行きませんね。では、それ以外にどんな理由があるのか?

心配だから、助けるために

この方々は事故や事件を起こした人が身内だったり、家の近所だから心配で見ているといったカテゴリーに入る人達となっています。

前述でお話しされた「なんとなく」とは全く違うですし、中には助ける人だっているわけですよ!

確かに野次馬ってうざいし、当事者から考えれば「俺or私らは展示物じゃねぇんだよ!」と怒りたい部分もあるでしょう。

野次馬が消えることって不可能だと思いますし、人間の欲情と同じような感じですので、解消させることはほとんど不可能に近いものです。

ですが、助けたり心配だから来たよという方なら許すどころか心強い時もありますから、まだ善人な方ですよ。

TwitterやYoutubeにあげるために撮る

野次馬

こいつらがマジでうざい!!!

てか辞めろ!と言いたいが、たまーにこの人らが撮った動画もしくは写真が活用できる場面もあるそうです。(証拠や現場の状況確認に)

一概に悪だ!とは言えない部分はあるけど、まぁ大概は悪に近いうざい野郎ばっかりだと思いますけどね。

本人は悪気があってやっているわけではないでしょうけど、当事者から見ても周りから見ても「うわぁ…やってるよあいつら」と虚しく思ってしまいます。

バズるために!再生回数を上げるために!と撮っているのでしょうが、まじでやめてほしいとしか言いようがないけど、やめられないよね!

仕方がありません、我慢しましょうや。

野次馬を少なくする方法

では、野次馬はどうすれば減らすことができるのでしょうかね。

完全に無くすことは不可能ですので、減らすことが精一杯ではあります。なので、解消方法をしっかりと考えてみましょうや。

あえて呼び掛ける

野次馬

事故や事件が起こった場合かつ少数であることが条件となります。なぜかと言うと、大人数だと効果が薄くなり、あまり意味がありません。

そして、その条件に達した場合に「あのー!誰か助けてくれませんか!?」と目の前にいる人たちを指さしたり目を合わせたりすること。

現場にいる人達からすれば助けてもらいたいと懇願している様子が見えて、意外にも助けてくれたり、もしくはそのまま逃げてしまう人も続出するのではないでしょうか。

逆に棒立ちになってしまう人の方が多そうだけど…気にすんな!(ごめんなさい、解決策やっぱりないとは言えない)

無視

無視こそが効果抜群な方法!

もう野次馬とか撮っている野郎たちを無視することが一番の解決策でもあり、精神的にも楽になれる方法だと感じます。

もうね、無理なのよ。野次馬減らすのも限られるし、無くすことは不可能だしさ。

だから、自然摂理と同じように見て頂ければ幸いです。本人からすれば悲しく辛いことなのに、あの人らといったら興味津々でたーだ見ているだけ…。

悲しいよね…まじで。

だからこそ、無視して頂くのが一番良い解決策だという事なのです。

まとめ

ちなみに言いましたけど、僕は流石にチラッと事件や事故を見ますけど、見続けたり撮ったりはしませんからね。

だからこそ、このような記事を書いているわけですし、目に付いたらそりゃ…見ちゃいますよ。

そこは勘弁してもらいたい。

もし、あなたが事故や事件を起こしてしまった時に「野次馬うぜぇな」と思ったら、無視することをお勧めします。

あと思い付いたんですけど「あいつら可哀想なやつら…」と上から目線的に呆れ返る方法もいいかもしれない。あんまり思っちゃいけないことかもしれないけど、精神的に楽になれるなら一時的には良いでしょう。

ではっ。

あわせて読みたい
人間関係
小中学校の人間関係はいらない本当に大切な人間関係はその先にあるどうもgenki(@genki6639)です。 小中学校での過ごし方はどうでしたか?僕は正直に言いますと「いじめ」にあっていました...