Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アニメ

【Fate】征服王イスカンダルのかっこいい10つの魅力!王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)!

どうもgenki(@yuruwork)です。

イスカンダルかっこえぇええ!

なんやねん! これ! 滅茶苦茶かっこよすぎて、FGOでも使いたくなるやん!

Fate/Zero」や「Fate/GrandOrder」にも出ている征服王イスカンダル。Zeroでは、ウェイバーのサーヴァントとして出現していましたね。

名言もたくさんあり、何よりも声優の「大塚明夫」さんの声に惚れてしまった人も多いのではないでしょうか。

そんなFGOでも大活躍のイスカンダルのかっこいい10つの魅力をこれから紹介していきます!

 

イスカンダルとは

筋骨隆々の偉丈夫。ひげ面には粗野な印象と威厳、そして不思議な愛嬌が混在する。
大柄な見た目通りの豪放磊落を地で行く人物。他を顧みるということを全くしない暴君的性質を持つが、その欲望が結果的に人々を幸せにする奔放な王。

参照:TYPE-MOON.wiki

第四次聖杯戦争に参加したサーヴァント。

久しぶりの現世を楽しみたい」という安直的な理由で、霊体化をせずに挑んでいます。王であるためか、最初はウェイバーもオドオドしていましたが、だんだん打ち解けていく。

しかも、王らしくないラフな格好だったり、寝っ転がってテレビを見たり、ゲームを買ってきたり現世を楽しんでいる姿が目撃される。

これによって、イスカンダルファンも増えたのでは? と感じます。

最後は王として、そして一人の人間としての立派さをウェイバーにも見せ、消えていった。その姿には、僕ら視聴者も驚きでした。

いやはや、あれは凄かった…。

 

イスカンダルのカッコイイ10つの魅力

1:男らしい格好良さ!

男らしさに関しては全サーヴァント中、No.1と言ってもいい!

彼以上に男らしく、格好良く消えてしまったサーヴァントはいないはず。そして、戦い方もそれが滲み出ている。

いやぁ、かっこよすぎるよ。イスカンダル。

しかも、フィギュアになっても男らしさが泉のように湧き出していますからね。あかんわ。

 




2:宝具の凄まじさ

あの宝具の凄まじさ見ましたか!?

初めて見たとき「なんじゃこりゃあああああああ!!!」とか思ってました。口には出さなかったものの、あの雰囲気は身震いする。

ギルガメッシュ戦では、ウェイバーも参加して叫んでいましたし、ああいった所を見ているとイスカンダルは尊敬できる人だったんだなと感じます。

だって、ギルガメッシュに挑む=死が待っているみたいなもんですからね。相当な信頼関係がないと、一緒に突っ込まないかと。

俺もサーヴァント召喚できるなら、イスカンダルかな。いや、アルトリアもいいかも。

 

3:果敢に挑む勇ましさ

どんな戦いでも果敢に挑む勇ましさは素晴らしい!

まぁ、戦闘シーンが少しだけ少ないのは、残念ポイントだけれどもね。けど、ギルガメッシュ戦とアサシン戦での戦闘は凄かった。

あの姿にウェイバーも惚れてしまったのだろう。

何だか、自分も惚れてしまったようだ。よし、明日からイスカンダルの真似をしよう。

やんないけど。




4:筋肉隆々

筋肉すごすぎ!

あのムキムキのゴリゴリ感は一体何なんだい!? まさかあれは、ゴリラのDNAを受け継いでああなったのかい?

そう思うほど、筋肉がムキムキすぎて、かっこいい。

どうやって鍛えたらああなるのだろうか。私はどうしても知りたい。けど、彼に問いただす訳にもいかず、月が落ちていく。

そして、日が昇ると、忘れていた。

 

5:名言が格好良すぎる!

名言……くそかっこいい!

「王とはッ――誰よりも鮮烈に生き、諸人を魅せる姿を指す言葉!」

もう、この時点でかっこよすぎて失神してしまいそう。こんな人が王だったら、最高やろな。でも、鍛錬は面倒くさそう。

「貴様は臣下を“救う”ばかりで“導く”ことをしなかった。『王の欲』のカタチを示すこともなく、道を失った臣下を捨て置き、ただ独りで澄まし顔のまま、小綺麗な理想とやらを想い焦がれていただけよ。故に貴様は生粋の“王”ではない。己の為でなく、人の為の“王”という偶像に縛られていただけの小娘にすぎん」

これは確か、アルトリア(青王)に放った言葉かな? 王同士で話し合い、イスカンダルが導いた言葉こそがこれ。

イスカンダルらしいし、自分の哲学を持っている人はやはり強いやなと感じます。

「彼方にこそ栄えあり。届かぬからこそ挑むのだ。覇道を謳い、覇道を示す。この背中を見守る臣下のために」

最後のシーンで放った言葉ですね。

彼方にこそ栄えあり……か。いい言葉ですな。

「生きろ、ウェイバー。すべてを見届け、そして生き存えて語るのだ。貴様の王の在り方を。このイスカンダルの疾走を」

この言葉を忘れずに成長したウェイバーが、あのような感じになったのでしょうかね。いやぁ、最高っすわ。

俺も届けるね。イスカンダルの疾走をッ――。




6:馬もかっこいい

意外な点を評価したい。それは、馬。

どうしても馬のことを放っておく人が多いかもしれませんが、俺は褒め称えたい。あの馬がどれだけ格好良くて、どれだけイスカンダルの支えになっているかを。

FGOでもイスカンダルだけが登場しているわけではありませんよね。そう、馬もいるのです! ひょっこり。

黒い馬とイスカンダル…いいね。

 

7:FGOのモーション

スマートフォンアプリ「Fate/GrandOrder」にも出ているイスカンダル。そこでも、かっこいいのは当たり前ですが、宝具が格好いいかな。

まぁ、正直言うとモーションちょっと微妙なんだけど、そこは愛と筋肉で埋めたら使っていても楽しい!

FGOって後半のサーヴァントの方がモーションかっこよかったりするよね。

しょうがないんだろうけどさ。




8:赤い服装

赤い服装がお似合いのイスカンダルさん。

イスカンダルが好きすぎて私服も赤く染まっている人は、流石にいないだろうけど、それぐらい影響力はありそう。

僕も赤い服装が好きなのですが、イスカンダルの服装は私服にはちょいっとばかしキツいかも。

そもそも、筋肉足りないからな……そりゃ無理よな。

 

9:声優が大塚明夫さん

イスカンダルの声優と言えば「大塚明夫」さんだということは周知の事実!

あの方の声色といったら、もう……ね。最高すぎて、語彙力を失っていくばかり。たまに洋画の吹き替えで出ますけど、やはり分かりますよね。

個性的な声優というのは、人気があって、どこか魅力を感じます。

それが大塚明夫さんには果実のように詰まっていて、リンゴやマンゴーのような熟した甘さがはじき出している。

すげぇよ。




10:どこを切り取ってもやっぱりかっこよすぎる!

これに限ります!

どこのシーンを切り取っても格好良くて、勇ましく、男らしく、すげぇとしかいいようがない所が詰まっています。

僕的には、やはりギルガメッシュ戦でのイスカンダルが好きで、あそこのシーンはいつでも思い出せる……かもしれない。

イスカンダルが好きなファンの気持ちがよく分かります。格好いいのもあるけど、しっかりとした考えも持っていて、何だか「大人」の雰囲気が感じられるんですよね。

今の世の中、誰が大人なのか、人間の立派さななんぞやと考えてしまう節があると思います。憎しみが絶えない上司、尊敬できない大人、汚れたクズな性格の人達。

でも、イスカンダルはそんな大人を殴ってくれるような「強さ」がある。

素晴らしいですね。

 

まとめ

この記事は2018年9月4日に書いたのですが、この頃やっとFGOに「Zero復刻」が現れた頃合いです。

いよいよイスカンダルが、ガチャ出てくるので、筆者も大変楽しみです。

無課金で当てるつもりですが、頑張って引いていこうかと努力します。皆さんも当てられる日が来ることを、祈ります。

では。

あわせて読みたい
【FGO】水着BBちゃんが可愛すぎる8つの理由!先輩っ当てましょうね?どうもgenki(@yuruwork)です。 「水着BB」が夏ガチャとして出てきて、もうTwitterも含め大騒ぎとなりましたね。...