アニメ

【アズレン】アズールレーンのアニメ化で応えてほしい8つの願い

どうもgenki(@yuruwork)です。

艦これに続いてアニメ化に走った「アズールレーン」。まさかのアニメ化で僕自身も他のアズレンファンも驚いていることでしょう。

艦これのアニメについては色々と言われて、まぁ総括していえばヤバかったんだけど、今回はどうなっていくのか気になります。

そして、同時に滅茶苦茶楽しみですよね!

だからこそ、筆者はアズールレーンのアニメ化で応えてほしい10つの願いを書きたい。

 

アニメ化で応えてほしい10つの願い

1:可愛く仕上げてもらいたい

これについてはクリアできる範囲だと感じます。艦これですらクリアしていますし、滅茶苦茶可愛かった。

ちょっと言えない部分もありますが、各パーツの再現度とかパ○ツとかも色々。

元から可愛い彼女らを改変して、変な感じに仕上げるのはあり得ないでしょう。

それに、それをやってしまったら反感を買うこと間違いないので、大丈夫なはず。うん、大丈夫。

 

2:アズレンキャラを死亡させない

アズレンキャラを死亡させないことを一応願っています。

これは推しキャラが死ぬことにより、どこぞのアニメみたく被害者の会とか変な感じの集まりを開くことになるからです。

そして、死亡した結果、アズレンアニメが「クソアニメ!」「あんなの見ない方が良い」とか言われてしまう。

これが最悪の結果を生む。僕には未来が見えない。だから、アズレンがどんな風にアニメで登場するのか分からない。

けど、これは言える。可愛いはずさ

え? 筆者は本当に死亡させないでって思ってるかって? まぁ、それは後で聞こう。




3:動きを入れてもらいたい

おい、意味が分からねぇよ!

とか言っている方々、よく分かります。確かにこれだけだと理解不能ですよね。

では、どこぞのアニメである艦これの最終話の戦闘シーンをご覧ください。あら、もうやる気がなくなったのか、それともアニメ会社が相当ブラックだったのか知りませんが、棒立ちではありませんか!?

そう、私はこのことを言っているのです。艦これの二の舞にならないようになってもらいたい。

まぁ、この声は届かないであろう。アズレンのアニメ化はすでに始まっているからだ。

 

4:ストーリー

ストーリーは重要です。ストーリーが良くなければ、見ている視聴者の心にも届かず、ただ過ぎ去っていくだけ。

記憶の中に結びつくのは、やはり濃厚なストーリーかと。もちろん、キャラクターも大事ではあります。

けれど、僕はストーリー派でもあるので、いくらキャラクターに魅力があってもストーリーがスクランブルエッグのようにぐちゃぐちゃだったら、泣きます。

だから、願う。ストーリーが良い方に傾きますように、と。




5:死亡フラグ

死亡させない&死亡フラグを出させないことも重要。

これからこの子死亡しますよ~、なんていうアナウンスとか台詞とか聞きたくないし、それに死なせたくない。

まぁ、鬱ENDは嫌いではありません。漫画「ぼくらの」みたいな感じ終わり方でも、個人的には全然構いません。

でも、出来るだけ死亡させない方が皆がみな、幸せに見られる。

たぶんね。

 

6:できればギャグ展開

私的に、ギャグ展開を広げて欲しいのも一つの願いです。

なぜなら、アズレンのキャラクターなら可能ですし、そういった様子を見たいからです。Fateシリーズの「衛宮さんちの今日のごはん」みたいな感じ。

ああいった雰囲気好きなんよ。

だからこそ、制作者さんにはその願いを応えてもらいたい。無理だろうけどな!




7:キャラクターを変な感じにさせるな

分かりやすくいうとツンデレキャラが、中盤辺りからいきなりお姉さんキャラになったり、腐女子になったりすること。

キャラクターの個性は尊重し、なおかつそれを崩さないストーリーでやっていってもらいたい。

どこぞのアニメは、その禁忌を犯してしまい、変なアニメに変貌しました。まぁ、人によるだろうけど。

皆だって、ツンデレキャラはツンデレのまんまにしたいよね。

 

8:頑張ってほしい

もう最後は全然関係ないけど、アニメを制作しているアニメーターは頑張ってほしい。

時給は低いでしょうし、日本のアニメ業界は腐っているとか耳にするので、この会社はどうなのか知りませんけど、とりあえず頑張ってもらいたい。

まぁ、過労しない程度にね。

キャラクターが死ぬ前に自分が死んでしまったら、意味がありませんし、作画崩壊したら視聴者も心配します。

んー、大丈夫なのだろうか。少々心配してしまう。




まとめ

艦これみたく炎上しなければいいのですが、どうなっていくのやら。

まぁ、天下のアズレンさんだったら、大丈夫でしょう! だってあんなにゲームが面白くて、ストーリーもやりごたえあるもん!

大丈夫。そう、大丈夫なんだ。

信じよう、アズレンファンよ。

では。