Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
雑談

口癖や人生などで『めんどくさい』がなくなる10つの方法

どうもgenki(@yuruwork)です。

めんどくさい、それは人類にもたらす偉大なる気持ち。これがあるとないとではやる気も格段に違う。

逆に言うと、この感情があればあるほど、行動をしなくなる。そして、何事にも怠さを生じることとなってしまう。

めんどくさい』とはこれほどまでに怖い気持ちなのだ。

仕事の熱意すらも奪い、趣味すらも奪う。

ある意味、人類はこれに立ち向かわなければならず、めんどくさいを克服すればスーパーマン並のパワーを得られる。

素晴らしいことだ。しかし、中々めんどくさいが解消できない。

だからこそ、私は考えた。めんどくさい、がなくなる10つの方法を。

そして、スーパーマンになる方法を

 

めんどくさいがなくなる10つの方法

1:小さいことから始める

達成感を味わうことは大事!

だからこそ、小さいことから始め、目標を細分化させるのがいい。

「まずは行動すること」「歌手になるため試しに歌ってみる」「とりあえずやる」など。

小さい目標から行動していくことをおすすめします。しかも、小さいことから始めれば、達成感に満たされるしさ。

最終的には大きな目標を達成させる一歩でもある。

ブログを書きたいときだって「試しにパソコン開いて、サイトを開くか」となればいずれやってるし、走ろうと思いウェアを装着すれば、走っているようなもの。

小さいことから始める。意外と大事なことなのです!

 

2:面白いことを優先する

何事も面白いことを優先させろ、とまでは言いません。

しかし、面白いことでないとやる気が漲らないし、いずれ飽きてやらなくなる確率が高い。

なので、物事を決める際は「苦労してでも面白い選択」をする。そしたら、楽しい気持ちにもなって一石二鳥。

会社選びでも同じです。中途半端に選ぶといけませんし、「この企業苦労するだろうな~」とか思いながら行ってみたら案外楽しかったりします。

まぁ、時と場合によるがね。

場合によっては、面白いことを選択したはずなのに、なぜか面白くない職場だったりする時がありますから。

んでも、楽しいことの方が良いよね。




3:目標などの考えを紙に書き出す

目標がありますが、そういった考えを紙に書いておくことによって思考の整理がつきます。

頭の中では色んな考え方や物事への捉え方などが混ざっており、それをため込んでいると脂肪のように無駄なものがつきます。

痩せたいのであればダイエットをするように、頭の整理をしたなら紙に書くこと。

そうすると、頭が整理されて、無駄な考えなども排除できます。

たとえ他人から「お前って馬鹿だな」と言われても、頭の中ではその人なりの思考の幅が広がっています。

だからこそ、たとえ他人から馬鹿と言われようが、頭を整理しなければパンパンになってしまうのです。

それを解消させると、めんどくさいがなくなる。

そして、紙に書くことでその紙を見た時「やらなきゃ」と思うようになる場合がありますので、やってみる価値はある。

よくあるやん。スポーツ選手が紙に「俺は一位になる」「世界選手になる!」とか書いていたら、目標が達成されたっていうエピソード。

それみたいな感じ。

 

4:強迫観念に囚われない

やらなきゃ」をなくすこということですね。

あれ、さっきやらなきゃと思うようになる。とか書いたような。

書きましたが、過度のやらなきゃ精神は要りません。何事も行き過ぎた行為は過ぎ去り、砂埃だけが残るのと一緒。

だから、過度な仕事・過度な行動などはやめたほうがいい。

過度な仕事というのは「過労死」のことを示しています。ブラック企業で働いていた子が死んでしまうなんて可哀想すぎる。

まぁ、そういうことよ。

強迫観念に囚われてしまうと「やらなきゃ」と強く思うようになり、突然病気になったり、突然倒れてしまうことだってあります。

ほんまに気を付けて。マジでくるから。




5:考えない

考えすぎる、ことも毒そのもの。

次第にあなたを蝕み、体中に毒が蔓延していきます。気付いた頃には、もう遅く毒が体を支配している。

そうならない前に「考えない」とことを実践しましょう。これは考えすぎてしまう人に効果的に働きますよ!

特に「心配症の人」や「過度に不安になる人」などが当てはまります。

でも、考えることが日常茶飯事でそれを直すことが中々難しいのなら、冷えピタを貼ってみてください。

寝る前に貼るのが一番効果が実感できる。

貼った後に寝ると、熟睡出来る上に頭の中がスッキリ! 最高よ。

 

6:人に任せる

個人の力では限りがあり、そのまま実行しているといつか体すらも滅びます。

つまり、たまには人に任せることも大事だよ。ということ。

どうしても自分だけで仕事を進めてしまったり、自分本位の判断をしてしまう傾向にある人ほど実践してほしい。

人に任せるのは負けではない。むしろ、自分のストレスなどを減らし、自分の作業すらも捗るではないか!

いいことだな。

けれど、やたら人に任せることは駄目だからな。自分の仕事はちゃんとやり、分からないことがあったら上司に聞く。

そういや、こういう人おるよね。

上司「分からない事があったら聞いてね♡」後輩「はい!」

後輩「あの~、聞きたいことがあるんですけど……」上司「いま忙しいんだよ!!邪魔だ、どけ!それぐらい自分で考えろ

皆さんはこんな上司にならないようにしましょう。遭遇した場合は、心の中で「暴言の嵐」を呪文しよう。




7:娯楽などで精神を休める

娯楽って最高ォオオオオオウ!!!!

課金をしちゃおうか。そして、爆死をする姿が鏡越しに見ることとなり、後ろ姿を悲しげに映させた。

娯楽……それはやる気を上げ、仕事すらもめんどくさせる人間の英知。ゲームや漫画、音楽や読書などなど。

娯楽ってこんなにも精神に安らぎを与えてくれるなんて……なんと素晴らしいのか。

皆さんはどういった娯楽をお持ちでしょうか?

僕はゲームが半分以上を占めています。ゲームがなかったら、たぶん今頃猫になっていますね。

それぐらい、ゲームって最高。

 

8:自分は自分、他人は他人

批判を食らってしまう人、非難を浴びて落ち込んでしまう人、どうしても人の意見が合わない人。

色んな人が社会にはいっぱい。

上司がクソだったり、上司がクソ野郎だったり、上司がう○こよりもクソ以上のクソだったりします。

はたまた上司が天使よりも良い人な可能性もあります。

だから、上司がクソな場合は余程のことがない限りクソになりません。

まぁ、それは置いておいて、こう思うことが社会においては大事なことなのです。

自分は自分、他人は他人

他人の意見に批判をするのは勝手ですが、その人の人生や考え方を変えたりすることはお門違い。

人それぞれなのよ。自分がやられて嫌なことはやらない。なのにやる人がいる。

つまり、大人になりきれていない人が多いもしくは客観的視線というのを忘れているのでしょうかね。




9:時間の大切さを学ぶ

時間は有限です。

テレビを観ている時でさえ、youtubeの動画を視聴している時でさえ、時間は無残にも過ぎ去っていきます。

時間を効率的に使おう! とか言うけど、難しいよね。

例えば、食事そのものが効率的ではない人が食事をしなかったら死にますよね。当たり前だけど。

無駄な行動が、有益になったりしますからね。無駄なことなんてあまりないのかもしれない。

それでも時間の大切さを学ぶべきです。特に、若い内からそういった事を考えたりして、自分を生成させるのです。

自分を持っていれば、いつ何かあってもどうにかなります。

 

10:ま、何とかなるっしょ

最後に紹介するのは「ま、何とかなるっしょ」精神を鍛えてもらいたい。

何とかならないものがない訳ではないけど、こういう精神の強さを若い頃から鍛えていけば、会社で何があってもどうにかなる。

会社が爆発しても、会社にエイリアンが来ても、電車内にプレデターが出てきても自然に対処ができるようになります。

とても凄い、そう思うでしょ?

そうなんです。「ま、何とかなるっしょ」を持っていれば、どんな相手にだって立ち向かえる。

そして、めんどくさいすらも忘れて、ついついやってしまうのだ。

よし、皆もやろう!!!

 

まとめ

すいません。もう、めんどくさい関係なくなってきていますね。

しかも、後半から徐々に関係なくなってきて、最後になってくると……。

大丈夫、大丈夫。めんどくさいなんて誰しもが持っている感情だし、それを直そうとするのはお門違いだよ。

だから、一生背負って生きていく。

よ~し、もう書くのをやめよ! めんどくさいし!

では。