雑談

クレームをつける人の心理状態はどうなっているのか?

どうもgenki(@yuruwork)です。

何でもかんでもクレームをつける人を見かけたことがありますか?

まぁ、あれは見ない方が賢明ですし、見てると苛つくから出来る限りそういった人達とは関わらない方がよろしいかと。

彼らは本当に「何でもかんでもクレーム」をしてしまう人種で、もう人ではないぐらい異常な性質を持っています。

では、なぜいちいちクレームをつけて、サービス業の方や仕事をしている人に迷惑をかけてしまうのか?

 

クレームをつける人の心理状態

☆お客様は神様です☆

はい、ウザい。

彼らの思考は「お客様は神様」状態に至っています。つまり、買いに来る客は神様同然であり、なにしても構わないということなんだそうです。

だから、自分のせいで商品が壊れた癖に「お前んとこの物(商品)買ってすぐに壊れたんだよ!! どうしてくれんだ!?」

といちいちクレームをつけてきます。

まるで赤ん坊のようですね。

いや…赤ん坊の方が可愛げがあって、まだ許せるレベルですけど、やっているのは大人ですから嫌になりますよ。

なぜ、こんな歪んだ思考になってしまのか……。というか、お客様は神様という言葉も生まれなかったら、悲劇はなかったような気がする。

 

大阪人

現在の大阪人は緩やかで、昔よりかはキツく近寄りたくない雰囲気は解消された方だと思います。

ですが、まだまだ大阪人のウザさはあります。事前に言っておきますが、良い所もありますよ。

街中で声もかけてもらえるし、サービス良いし、人柄が良い人もいます。でも、人間だから、変な奴がいるのも事実。それは関東でも同じ。

彼らのクレーム根性は計り知れなくて、酷いったらありゃしない。

ある記事を見たのですが、東京は「間違い」に厳しくて、大阪人は「いい加減」に厳しいそうです。

まぁ、合っているのかは不明ですけど、確かに納得する部分もあります。

あと、大阪は「お店は客が育ててくれる」みたいな思想もあって、叱られている内が花という考えもあるみたいです。

みたい、だからね。勘違いしないでよ? クレームをつける人の多くに、勘違い野郎がいるから、前置きをした。

もう一つ思った。関東人からすると、関西弁は口調が荒くて、怖いイメージがあるから関西人が嫌いな人もいるのではとか思います。

 

勘違い

知能指数がサル以下になっている人間もいます。

おそらく、X-MENみたく人体実験されて脳を排除されたために、あんなクレームをつけるのかと感じます。

彼らは、勘違いをしていながらも強引に突き進み、店員を困らせます。

例えば、お店で買った商品について文句を言っていることにしましょう。その人が持っているのは「別のお店で買った商品」だったらあなたはどうしますか?

「え、あの~それは……」と言ってクレームをつけにきた人に言いますか?

たぶん彼らは言い訳をします。それに、10万円賭けよう。

そもそも、クレームする前に一工程確認すればいいだけなのに、しないんでしょうね…。本当にやめてもらいたい。

怒鳴られて嬉しい人なんかいませんよ。なのに、彼らはクレームつけにきた挙げ句、勘違いを引き起こしているのだから、たまったもんじゃない!

 

○○している自分が気持ちいい

 

ここの場合では、指摘している自分が王様のようで気持ちが良い、に該当します。

自分が愛おしくてしょうがないんでしょうね。これはブログに文句を付けたり、ゲームに文句を付けたりする人も該当します。

たまに、良い意見もありますが、そんなにありません。

彼らの対処方法は、うんうん状態で否定をせずにひたすら話を聞くことです。ちやほやされたくて仕方がないから、クレームをする人だっています。

いや、やめろよ。

ストレス発散の一環だと思って頂ければと。まぁ、ストレス発散に見ず知らずの他人を使って、罵倒することなんてはしたないがね。

それも『お・と・な』だからね! ここ大事。

 

神経質かつ真面目な人

クレームにも色んな性格の人がいます。

その中には「神経質かつ真面目な人」がクレームをつける場合があります。え、真面目な人が!?

と考えてしまうでしょうが、彼らは少し違っていて、自分だったらありえない仕事ぶりや対応に怒ってしまう人なのです。

こういう人達の対処方法は、滅茶苦茶謝って「申し訳ございません!」と誠意を伝えることです。

そしたら「おー、次は気を付けてな~」と去って行きます。まだこちらの方が大人しいし、感じも良かったりします。

他の人達はもう最悪。人間じゃないね。

童貞卒業ならぬ、人間卒業だよ……。おめでとう。

 

まとめ

クレームをつける人に困っているナンバー1は、サービス業に属する方々でしょう。

とても大変で、クレーム対応に追われる毎日に疲れているはずです。

僕はいつも思う。なぜ彼らは客観的に物事を見て、立場を弁えたりすることが出来ないのでしょうか?

多少のクレームならしょうがないと思います。場合によっては、店側が悪い時もありますからね。

でも、悪くなかった時は……それはクレームをつける人がおかしいということ。

まぁ、頑張ってください。もうそれしかないんよ。

では。

あわせて読みたい
いつも楽しそうにしている人の特徴どうもgenki(@yuruwork)です。 人生を謳歌している楽しそうな人を見たことがあります。 その人はいつも笑顔ってわ...